SNAIL RAMP OFFICIAL SITE Takemura PROFILE Toru PROFILE Ishimaru PROFILE 過去の日記 SNAIL RAMP

SNAIL RAMP
2年半ぶりの
オリジナルアルバム発売!
『SIX LOGIC』

SCHOOL BUS RECORDS "NEXT"
TKCA-73408
¥2,500(tax in)
2008/2/4

1.NEXT TIME
2.JELLY BEANS
3.Mr.SWALLOW
4.THIRTEEN
5.RUSH TO THE FLASH
6.WONDERFUL WORLD
7.THE RABBIT OF RED EYES
8.SHORT STORY
9.BE MY SWEETY
10.GET BACK
11.THE TWINKLE OF THE STARS
12.COUNT ON MY FINGERS

go store
カテゴリ:タケムラ(キックボクシング)( 29 )
タケムラ
久し振りにキックボクシングネタ。
スネイルはツアー中だと言うのに、ガン無視でキックネタです。

え〜、うちのジムにいるS君、みなさん覚えているでしょうか?

ちょっと変わった練習生で、鏡に向かってのシャドー中に
2〜3cmしかない前髪の形をやたらと気にしたり、
気付くとサンドバッグに飛び蹴りを繰り返していた、あのS君です。

思い出して頂けました?
そうです、そうです!

「最近走ってるんスよ」と得意顔していると思ったら、
月に1回走っただけだった、あのS君です。

ちなみに最近、彼は前髪を気にしなくなりました。
何故って?

だって、

今の髪型は、

パンチなんだもん・・・。


最初、その姿を見た時は衝撃でした。
その時俺は、ダンベルを持ってのトレーニング中だったのだが、
まるでヤンキーコントの様なS君の姿を見た時、
自然に口元が緩んでしまって・・・、
大声で笑いたかったけど、笑ったらダンベルを落としてしまいそうなので
必死に堪えました。

今思うと、今までのトレーニングで一番辛い瞬間でした。

やがて着替えたS君は俺の隣でストレッチを始める。

ストレッチをするパンチ・・・。
身体が硬いパンチ・・・。
その為か時々「ウッ、ウッ」と声を漏らすパンチ。

もう俺は耐えられなくなりパンチ、いやS君に言った。

俺「あのさ・・・」

S「はい」

俺「もしかして・・・」

S「はい」



俺「髪型変えた?」


多分この言葉と同時に俺の口元は、もうニヤ〜ッとしてたと思う。
そしてSは言った。

S「あ、」

S「気付きました?」


気付くわー!
お前がガラス越しに見えた時に、もう気付いてたわ。

俺「何でその髪型にしたの?」

俺は敢えて「パンチ」という言葉は使わなかった。

S君はちょっと変わった22〜23歳の若者だが、
ヤンキーでも無いし、さすがにパンチはかけないだろう、
いや、お願いだからかけないでくれ、という
ジムの先輩としての切なる願いもあったのだ。

パーマである事には間違いはないが、
せめて「ショートツイスト何とか」とか「○○パーマ」みたいな
別のパーマであってくれ、という希望も捨ててはいなかったのだ。

質問に答えるS。

「髪型って・・・、このパンチの事ですか?」

やっぱりパンチかぁ〜い!

俺「何で急にそれにしたの?」

もう俺は興味津々だ。
何せバンド界イチのS君ウォッチャーを自称する俺としては、
この現象を解明して皆様に報告する義務がある。

口を開くS。

S「祭りがあったんで」

祭り?そういえばジムのある浦安で
地元では大きな祭りがあったようだ。

俺「祭りがあると何でパンチにすんの?」

S「ナメられちゃいけないし、かっこいいなぁと思って・・・」

俺「・・・・????」

俺には意味不明だった。
S君はヤンキーでも何でも無いから、
別に他人を威嚇する必要は無いはず・・・。

パンチが格好いいのかについては、
個人的嗜好の違いなのでここでは述べないが。

まあとにかくS君はパンチをかけ、
その自分が気に入っているようだったので
良しとする事にした。

しかしこの後、S君から驚愕の一言を頂く事になるのを
俺はまだ知らない。

続きは後日にゃ。



って!

うわぁぁぁぁ!
豚インフルエンザに気を取られる余り、
石丸病に〜!!
[PR]
by ex_snail_ramp | 2009-05-07 18:44 | タケムラ(キックボクシング) | Comments(9)
タケムラ
先週土曜日、後楽園ホールでキックの試合を行ってきました。

今までのライト級(61.23kg)から
ウエルター級(66.68kg)に階級を上げての初試合。

俺の体格はウエルターでは正直小さく、
背の高さ、リーチ差、パワー、全てにおいて不利なんだろうが
もうライトまでは体重を落とせないから仕方無く、
と言った階級アップ。

不安はつきなかったが、
今日の俺にはエロトランクスがついている。

石川君がプレゼントしてくれた、エロ・ド・ピンクだ。

当日朝10時、計量の為に後楽園ホールへ。
トランクスチェックもある為に、
その日に履くトランクスを各選手持参するのだが
そこでいきなり他選手から、

「それがエロいトランクスですね!」

と声を掛けられた。

他にも、ブログを読んでくれてた関係者も何人かいたみたいで
試合前にわざわざ控え室に来て、

「どれがエロいトランクス?」

「これかぁ!エロいなぁ〜!」

と、お褒めのお言葉を頂きました。

この日はうちのジムから3選手出た為か、準備がバタバタ。
ストレッチやマッサージも充分にする事も出来ないまま
出番が近づいてくる。

もう前の試合が始まっているというのに
俺はまだグローブもつけてもらっちゃいない。

しかも直前の試合がうちの選手の試合だった為に
グローブをつけられる人間はセコンドに付いちゃっている。

後輩は俺のそばにいてくれたので
「お前、つけられる?」と聞いたら
「つけた事ないです・・・」と超不安顔。

って、俺が不安だっつーの。

仕方なく恥を忍び、他ジム会長さんに
「申し訳ありませんがグローブをつけて頂けませんか?」
と申し出、つけて頂く。

その瞬間に前の試合が終了。
慌てて控え室を出て、入場通路へ。

入試日に寝坊した受験生のような感覚で
リングへ向かう。

そしてゴング。
いざウエルターの選手と対峙してみると、
やっぱりリーチが違う。
まあ分かってた事ではあったので、闘いながら作戦を修正。

対戦相手の塚野選手はローキックが得意なアグレッシブな選手。

分かってはいたが、それでも序盤に数発ローを貰う。

すぐローをカット(防御)する事に意識を置いて
ディフェンスを固めたが、我がセコンドの指示は「攻めろ」。

しかも塚野選手が入って来る所で攻撃する為に
どうしてもローを貰いつつ攻撃するハメに。

ただ「ローはきっちりカット」がポリシーの俺としては
「何だかなぁ」だし「明日はライブなんだよ・・・」という
実に現実的な憂いも。

とは言え、蹴られた感触としては
「これだったら5Rもちそう」だったので
蹴られる事を躊躇しない、を選択。

現実的な憂いには目をつぶるという、
ミドルサーティの男としてはあるまじきチョイスをした。

で、まあグチャグチャとドロ試合になり、結果は判定勝ち。
エロトランクスを履いた俺の手をレフリーが上げてくれた。

控え室に戻ってから石川君とも記念撮影をし、ひと段落。

やがてその日のメインも終わり、じゃあ撤収しますかとなり
車に乗り込もうとすると、

「あ・・・・・・・」

蹴られ続けた足が持ち上がらない。
試合中は平気だったものの、
2〜3時間後に俺の足は使い物にならなくなっていた。

そして翌日は微動だにしないライブを展開。
口だけ達者なステージでした。

あとで映像で確認したら俺、左足の外側だけで
45〜46発蹴られてたね。

ま、それだけ蹴られりゃ後から効いてくるわって話しですよ。

でも逆を言えば、それだけ蹴られても試合中は平気なんだから
人の足って結構丈夫なんだなー。

最後になりましたが、
今回も会場、もしくは遠くから応援していてくれた皆さん、
ありがとうございました。

あとは、いつ現役引退するか?的な感じですが
次戦あった時はまたよろしくお願いします。

あ!ちなみに今回もゆるやかながら順調にリバウンド中。
昨日は夕食に長浜ラーメンを3玉食べました。
で、帰宅後にあのプレミアムチーズケーキを・・・。

ひぃ〜〜、自分が怖い。
[PR]
by ex_snail_ramp | 2008-12-17 12:31 | タケムラ(キックボクシング) | Comments(6)
タケムラ
12月13日の試合で履くキックトランクスを
盟友・石川君がプレゼントしてくれる事を先日書いた。

どピンクの生地で作ってくれるとの事、
一体どんなトランクが出来上がるんだろうかと
楽しみ半分、不安半分で待っていた所、
「出来上がりましたよ!」とのメール。

おお!遂に出来ましたか!
興奮を抑えつつ、更にメールを読み進めると

「でも・・、


 何だかエロいです・・・」


???
エロい?トランクスが?

イマイチ分からなかったが、
昨日石川君から「エロいトランクス」を受け取った。
仕事終わりに、わざわざ下北沢まで届けに来てくれたのだ。

下北沢駅の改札で待ち合わせ、無事合流。
トランクスを受け取り、その場でさっそく取り出す俺。

おおおおおおおおおおお!

そのトランクスはまさしく、ド・ピンク。
そしてよく見ると細かいラメが一面に散りばめられ
キラキラと光を放っている。

前面には「竹村 哲」、
後ろには「K-ACTIVE」というジム名が黒で刺繍。

裾には、これまた黒のフリンジがグルリと一周。

石川君デザインのナイスなトランクスだ。

でも、

でも、 

でも・・・、

妙にエロ〜い!


石「どうですか?」

竹「ん?え?いや、話しには聞いてたけど
  本当にエロいね、これ!」

石「そうなんですよ〜。出来上がってみたらこんな感じで」

竹「このトランクス、何でこんなにエロいんだろうね?」


そして人々が行きかう下北沢駅で、エロい原因を
立ち話しで真剣にディスカッションする男2人。

結果として「ピンク地に黒」という配色が
何だか風俗っぽい配色なのだ、という所に着地。

そう気付くと
ピンク地に「竹村 哲」の黒文字は風俗店の看板に、
ピンク地に黒のフリンジは卑猥に揺れ動く腰ミノ的な物に
見えてくる。

「おまけにですねー」

石川君は続けた。

「横にスリットが入ってるんですよ」

あ!本当だ!

そういや俺は今まで
スリット入りのトランクスは履いた事が無い。

「パンチラしないように気を付けて下さいね」

石川君はニコニコ喋っているが、このスリット・・・、
パンチラどころか、何だったら中身も・・・。

会話の最中、

「石川君はもしかしてこのトランクスを履いて
 リングに上がる俺を見て、笑ってやろうと思って
 作ったんじゃ・・・?」

と疑ってみたくもなったが、

「いやいや、石川君はそんな人じゃない!」

と、1瞬でもそんな風に思った自分を反省。

その後、練習に行き、帰宅後にさっそくそのトランクスを試着。
鏡にうつったその姿は・・・、

やっぱりエロい。

しかしその反面、リングに上がったら
意外と違和感無いんじゃないかとの思いも。

よーし、こうなったら13日はエロい闘いをしてやろう。
徹底的にエロく闘うのだ。

エロい闘い方がどういうものかは分からないが
とにかくエロく行こう。

セコンドからも

「竹村!もっとエロく!」

と指示を出してもらおう。

「竹村!ジャブからエロにつないで!」

とも言ってもらおう。



12月13日、俺はエロくなります。
[PR]
by ex_snail_ramp | 2008-12-03 16:16 | タケムラ(キックボクシング) | Comments(14)
タケムラ
先日のブログにちょこっと書いたが、
久振りのキックボクシングの試合が決まった。

12月13日の後楽園ホールだ。

何と約2年振り・・・。
本当は今年2月にも決まっていて、きちんと練習し、
体重も落としていたにも係わらず、
試合1週間前の練習中に足を骨折。

その節は、対戦相手の高橋選手、代役で出場してくれた谷選手、
関係者各位、試合を観ようとチケットを買ってくれた皆様に
ご迷惑をお掛けしました。

改めてお詫びします。すみませんでした。

さすがに今回はいつも以上に怪我には気を付け
試合に臨みます。

で、今回の対戦相手は塚野選手(拳心館)。

ウエルター級の元3位で
タイトルマッチの1歩手前までいった非常に優秀な選手。

身体の使い方が上手いし、
身体能力が高いんだろうなぁってのが印象。

今はランキングから外れてはいるが、誰かに負けた訳ではなく
怪我で長期欠場してたのが原因。

それ故、実力は間違いなく上位ランカー。

しかもこの拳心館には
ウエルター級、ミドル級でチャンピオンになった
メチャメチャ強い選手も在籍していた為、
塚野選手も高いレベルでの練習が出来ていた事だろう。

俺、2年振りの復帰戦の相手にしては
かなりハードル高いと思うんですが・・・(涙)。

っつーか今までも
格下の選手とマッチメイクされた事がほとんど無いような。

そして、今まではライト級(61.23kg以下)で闘っていたが
減量が鬼のようにきつく、それ故試合前に衰弱しきって
医者曰く「これは飢餓状態の難民がかかる」病気になったりと
散々な状態での試合もあった。

しかしここへ来て、もうライトまで落とすのは無理と判断。

出来れば64kg位の契約体重で試合をしたかったのだが、
なかなか相手もいないと言う事で
結局66.68kgのウエルター契約で試合をする事に。

でもさ、俺ってウエルター級でやるにはまだ身体が小さいのだ。
他の選手と比べて身長も低いし、66.68kgじゃまだ脂肪も余ってる。

減量なんて3〜4kgと、ほぼ無いに等しいから練習は楽なのだが
試合本番時に痛い目を見そうな気が・・・。

とは言え、もう決まっちゃったし後はやるしかねーんだけど。

そういえば他ジムではあるがキックボクシングの盟友、石川君が
オリジナルトランクスをプレゼントしてくれるらしい!

もう発注してくれてるようなので、完成が間に合えば今度の試合では
是非ともそれを履いてリングに上がりたいところ。


そして、そのトランクス作製生地は「どピンク」・・・。

石川君曰く「竹村さん、好きだろうなと思って」。



石川君・・・、

アンタさすがだよ!

俺、どピンク大好きだよ!

ヒゲはやしたミドルサーティだけど、ピンク大好き!
しかも淡いピンクよりも、どピンク志向。

どんなトランクスになるのか、今から楽しみです。
石川君ありがと〜!

ちなみに石川君は、11月24日ディファ有明で試合です。
応援しに行かねば!!ムフーッ!!

そういや俺の試合までももう1ヶ月も無いが、
きちんとした減量はまだ初めてない。

今までは2ヶ月半前からやっても最後はアップアップだった。
そんな状況と比べると今回は精神的に随分楽。
でもやっぱり考えてしまうのは
「今楽な分、試合では・・・」という不安要素。

我ながら、乙女並みに揺れ動く心ですな。

そしてリング上で揺れ動く、余ってる脂肪・・・。
ちょいとタルんだ身体で履く、どピンクなトランクス・・・。

そんな地獄絵図を当日、生で見てやろうという奇特なお方達、
もしいるならコチラからチケットのインフォをどうぞ。
[PR]
by ex_snail_ramp | 2008-11-19 18:07 | タケムラ(キックボクシング) | Comments(7)
タケムラ
俺がキックボクシングをやっているのを知り、
キックに興味を持ってくれて、
「やってみたいんだけどどうしたらいいの?」
と相談される事がある。

サークル的に活動していてキックを教えてくれる所もあるが、
手っ取り早く、そして確実なのはやはりジムに入会する事だろう。
しかしジムと言っても千差万別。
学校、会社、お店と同じで、良い所もあればひっどい所もある。

そんな玉石混合の中、今日は俺のオススメのジムをご紹介。

場所は東京都足立区、
千代田線・綾瀬駅から徒歩7分の所にある「TEAM.KOK」。

ここは元ウェルター級の大嶋さん、
元NKBミドル級チャンピオンの中川さん、
元新空手王者の久保さんの3人が指導してくれるジム。

出稽古好きで、割と色々なジムを見た俺がここを推す理由は何か?
(注・出稽古とは自分の所属ジムでは無く、
他所のジムに練習をしに行く事)

まず、「ジムがキレイ」。

これ大事です。初心者の方には特に大事です。
練習スペースは勿論、更衣室、シャワー室、トイレ等、
きちんと掃除がしてあり、気持ち良いです。

そして「24時までジムがオープンしている」。

大抵のジムはやっていても23時まで。
しかし学生ならまだしも、社会人にもなりちょっと残業したら
ジム着が22時過ぎ、なんてのは良くある話し。
「1時間弱じゃ練習にならないしなぁ」なんてやってると
その内に行かなくなってしまうのがオチだが、
ジムが24時までやっていてくれればノープロブレム。

そして何より「ちゃんと教えてくれる」。

え!そんなの当たり前だろ、と思ったアナタ。
当たり前が当たり前でないのが「ザ・キックボクシング」。
入会当初は教えてくれても、
後は放し飼いなんていうジムも結構あるもんです。

しかしTEAM.KOKは指導者が3人いてくれるという好条件もあり、
完全アマチュア志向の練習生にもミットを持ち、指導してくれます。
そしてその度合いも「甘すぎず、厳しすぎず」と言った具合に
個人個人の力量に合わせてくれるので、
張り合いのある練習が出来るはずです。

勿論プロ選手に対してはプロなりのメニューを与えてくれるので、
「物足りないなぁ」なんて事はないはず。

今までいくつかのオススメポイントを挙げてきたが、
本当の所、一番に挙げるべき点はこれ、

「人間性」

です。
世間の常識が全く通用しないというこのキック界において、
この「TEAM.KOK」の人達は、常識的な考えを持った数少ない人達。

そしてキックが好きなのがすごく伝わってくるし、
選手や会員に対しての情熱や愛情もヒシヒシと感じます。
しかもそれを他ジム選手にも向けてくれるその姿勢には、
ホントに頭が下がります。

以前、俺が試合の数日前にも関わらず体重が落ちず、
暗〜い顔でKOKに行った時も「少しでも汗が出て体重が落ちるように」と、
しかも何も言わずに、石油ストーブをガンガン焚いてくれた事もあった。

灯油も高いこのご時世、
ただでさえ儲かる事なんてないジムの経営的には
この灯油代が実はとても大きな負担。
それを単なる出稽古の一人に過ぎない俺の為に火力を最大。
普通、有り得ないです。

当時の自分のジムでは
「ジムを暖かくして欲しいのですが」と申し出ても
絶対にこんな事はしてもらえなかったので、
余計にその温度差(室温も情熱も)が目立った。

TEAM.KOKのお陰で計量をパス出来た事だって
一度じゃ無かったもんなぁ。

試合の為、大晦日、元旦にも練習する必要があった時にも、
自分のジムは当然のように休み。
そんな時でも、KOKでは熱心に練習に付き合ってくれるという、
何と言うか、俺にとっては駆け込み寺的な存在なのだ。

普段、出稽古に行く時は気持ちばかりの手土産を持って伺うのだが、
あまりにも世話になり過ぎてるしと思い、
「灯油代の足しにもなりませんが」と小額を封筒に入れ
置いて帰ろうとした事があった。

しかし「そういうもんはいらない」の一点張りで、
全く受け取ってなんかもらえない。俺が、
「本当にお世話になっているんで、せめて納めさせて下さい」
と言っても、
「じゃあビールにしろ。俺はビールが飲みたい。
 あー、ビールが飲みたい」
とふざけつつも、完全に受け取りを拒否。

最後には
「出した物を引っ込める訳にもいかないんですから、勘弁して下さい」と
無理矢理に押し付け、まさに逃げる様に帰って来た事も。

練習環境に恵まれ、人望厚く慕われているTEAM.KOK。
トップクラスの選手達もが出稽古に来ているのが
何よりの証拠。

それ位、良いジムだと思います。

せっかくキックに興味を持ってくれ、
尚かつ「やってみようかな」と思ってくれる人がいたなら
やっぱり良いジムで、キックに親しんで貰いたいですからね。

あ!しかもKOKは、
「入会金&入会月の会費が無料!」というキャンペーン中です。
他のジムでは聞いた事の無い、この太っ腹具合。

ちょっとでも気になった人は下のリンクからHPを見てみて下さい。
http://www1.to/team-kok
[PR]
by ex_snail_ramp | 2008-07-07 15:17 | タケムラ(キックボクシング) | Comments(6)
タケムラ
前回書いたS君の話し。

ジム内の会話で発覚したのだが、
例のランニングの話しをSは2〜3人にしていたらしい。

但し、多少内容が変化していて
俺が聞いたのは「月イチ」だったはずの頻度が
誰かに話した時には「週イチ」になっていたらしい。

「月イチじゃないの?!」と、そいつに確認したが
「いや、週イチって言ってました」とハッキリ言っていたので
Sが再度話す時に、多少内容を変えたのだろう。

これからもジム内イチのS君ウォッチャーとして、
練習する時間を割いてもS君を観察していきたいと思います。

にしても、Sがとび蹴りをやってたのとか
みんなよく覚えてたな!
俺、すっかり忘れてて、コメント読んでて笑ったわー。

んじゃ。
[PR]
by ex_snail_ramp | 2008-06-04 15:04 | タケムラ(キックボクシング) | Comments(10)
タケムラ
今日は予告通り「ジムに久々に現れたS君」です。

このS君。
このブログに登場するの自体が久しぶりな為、

「どんな人だったっけ・・・?」

「っていうか、このブログを最近読み始めたから
 全くわからない」

という人も多いでしょう。
と言う訳で、

リンク先「S君についての過去ブログはこちら」



なーんてな。
親切な人が書く普通のブログであれば、上記「」内が
リンクになってたりするのだが、このブログは違うぞ。

スパルタなのだ。
ここは「ブログ虎の穴」。

「S君の過去が知りたければ、自分で探すのだぁ〜!」

だ。
まあ、真実としては自分でもいつ書いたのか
さっぱり分からないのがリンク出来ない理由ですがね。

S君のキーワードとしては前髪。
常に前髪です。

思い出して頂けたでしょうか。

ここ何ヶ月かジムで見かける事もなかったS君が
久しぶりにジムに練習へ。

「あ、竹村さん、久し振りです」

S君はちょっと低い声で挨拶をしてきた。

タケ「おー、ほんと久し振りじゃん。元気だった?」

S君「えー、」

俺は「えー、」の次に出てくる言葉を待った。
セオリー通りであれば、

「えー、ぼちぼちでした」とか
「えー、まあ元気でした」だろう。

しかしS君は並みの男じゃない。

「えー、」の言葉だけを残して、
次の言葉を待ち続ける俺を残して、


いきなり縄跳びを始めた。


そして以降、その話題は無し。


「え、うそ・・・」

俺は、かなーり寂しい気持ちになった。

悲しい魚の目をして、
縄跳びで揺れるS君の前髪をただ見つめる俺。

そして過ぎる事、約30分。
またもや喋りかけてくるS君。

「やっぱり走った方がいいんですかね?」

「やっぱり」という言葉を
いきなり文頭に持ってくる辺りがやっぱりS君だ。

タケ「そりゃ走らないより、絶対走った方がいいわな」

ここ2〜3年なんて全く走ってないくせに、
偉そうに答える俺。

S「実は俺、走ってるんスよ」

タケ「そうなんだ!エライじゃんか」

褒められて、軽く得意気なS君。

タケ「どの位走ってんの?5kmとか?」

S「いや、10kmです」

タケ「そんなに走ってんのかよ!スゲェな!


   で、どの位の頻度で走ってんの?
   週3〜4日とか?」

アマチュアだし、試合も無いのに、
意外な長距離を走ってるS君に
ちょっとした畏敬の念を覚えつつ、聞く俺。

S「えー、大体ですね、



  月イチです」



タケ「つ、月・・・?




   月イチかよーー!!」

俺は練習中にも係わらず、
かなりデカい声で突っ込まざるを得なかった。

そして質問する気持ちも折れかかる中、
必死に聞いた。

タケ「い、いつから走ってんの?今年の頭?」

S「えー、5月からです」

タケ「あぁ、5月か。

   って今月じゃねーか!!」

走ってるんスよと、まるで進行形かの様に言ったのに
まだ1回しか走って無かったS。

やはりタダ者ではなかった。

そしてその日は、
サンドバッグを3〜4ラウンド蹴っただけで
Sはその後、何故か体育座りで他人の練習を見つめていた。

あまりにもまっすぐな目でジッと見詰めていて
ちょっと怖かった為、

「動かないなら、
 風邪引くし上がっちゃったら(練習から、)?」

と促してみたが、

「いや、いいです」

とハッキリクッキリ断られた。

Sを見る度にほんと思うのだが、
いや、あの、ブログを読んでるみんなには
一般的な感想過ぎて、ちょっと申し訳無くも思うのだが、

「世の中ってのは、色んな人がいるもんだな」

と。

えー、今日はこんな
「日常でふと気付いた事をブログに残してみました」風の
締めで終わらせて頂く事とします。
[PR]
by ex_snail_ramp | 2008-05-30 15:01 | タケムラ(キックボクシング) | Comments(8)
タケムラ
相変わらず骨の折れてる竹村です。

そして先週の土曜は、俺が試合するはずだった興行が
後楽園ホールでありました。

迷惑をかけてしまった方々に直接お詫びをしたかったので
ヨタヨタしながらも、会場に行かせてもらいました。

対戦するはずだった高橋選手の相手は、
1週間前のオファーにも関わらず受けてくれた
大阪真門ジムの谷選手になり、
62kg契約での試合になっていました。

1週間前にオファーされた谷選手も、
試合を受けるか迷った事と思います・・・。
本当にごめんなさい。

今回の事で迷惑をかけてしまった皆様に、
ここで改めてお詫び申し上げます。

そして、わざわざ俺の事を心配してくれた皆さん、
これまた本当にありがとうね。

ブログのコメントや周囲の人から貰ったメールに
随分と救われました。

もう大丈夫なんで、ご心配無きよう。

とは言え、骨は全く大丈夫じゃございません・・・。

会場でも色々な方々から
「足、大丈夫ー?!」と声を掛けて頂きました。

通常「大丈夫?」と心配されれば
「大丈夫です!」と答えるのが日本的な会話なのだろうが、
実際は全く大丈夫じゃない俺は
何て答えてよいものやら困ってしまって
「えええ、ま、まあ、大丈夫、では無いんですけれど・・・」と
まあ何とも歯切れの悪い返ししか出来ないのでした。

っつーかさぁ、足の骨が折れてると
マジ面倒臭い事ばかりでイヤになるんです。
ちゃんと歩けないしさぁ、大好きな自転車も乗れないし
車の乗り降りもすっげー面倒。

そして階段!特に降りる時ね!
手すりが無い階段とか見ると、
もう四つん這いで降りてやろうかと思うもん。

お風呂入る時も骨折箇所が濡れないように
タオル巻いて、2重にビニール袋かぶせて、って
やらないといけないしさ。

お陰で、コンビニで買い物をしてビニール袋を貰う度に
「お!これは俺の足にちょうどいいぞ!」とか
「う〜ん、ギリちっちゃいな・・・」とか
一喜一憂しちゃってる俺がいます。

あ〜、もっと違う事で感情を表現したいもんですよ、全く。

そういや骨折して試合が出来ないってのが
団体側でも正式決定した時から、俺は
試合に向けた減量を続ける必要がもう無くなる訳ですよ。

それまで、一日にパン2個しか食べられないのに
練習でめちゃ動く、って生活から解放される訳です。

今までの減量明けの食事ってのは、
ま〜、何食べてもそりゃ美味い!
全身で味を感じてるんじゃないかと思う位、美味いんですよ。

これは試合で勝っても負けてもね。

でも、今回だけは違ったなぁ。
何食べても、なんだか味気無い。
食べた分だけのエネルギーは感じられるんだけど
ただ、もうそれだけ。

お腹いっぱいになっても、感じるのは満足感では無く
ちょっとした罪悪感と、ばかデカい虚無感のみ。

そして全く動けない状況なのに、それなりに食べるから
結果的にはひどいリバウンドに・・・。

あああ、早く身体を動かしたい。
辛くてもいいから早くミットを蹴りたい。
もうね、身体が運動をしたがってるんだよ。

嫌いなマラソンやロードワークでもいいからやりたい。
足が治ったら絶対やらないけど。

「首相撲20分!」って言われても
今なら時間を誤摩化したりせずにキチンとやります。

「ロードワークしてきます」とジムを出たのに
プラプラ散歩したり、コンビニで立ち読みしたりもしません。

あああ、運動がしたい!!上半身だけのトレーニングなんて
もうウンザリなんだよーーー!!!



うーん、ちょっとスッキリしたな。

よし、とんこつラーメン喰ってくるわ。
今日は替え玉3つしよ〜っと。
[PR]
by ex_snail_ramp | 2008-02-27 13:18 | タケムラ(キックボクシング) | Comments(7)
タケムラ
今日のブログは今週23日(土)後楽園ホールで行うはずだった
キックボクシングの試合、竹村棄権のお知らせとお詫びです。

先週の札幌、名古屋方面のキャンペーン終了後に帰京。
その後の練習中に、左足小指付け根の延長線上、甲部分にある骨を骨折。

何とか出場する方法は無いかと悩んだのですが、
正直、闘うどころか歩く事もままならず、医師の
「手術するかしないかのギリギリのライン。絶対に固定安静。」
の指示も有り、心中様々な気持ちが入り乱れたのですが、
結果的に試合棄権、という結論に至りました。

応援してくれている皆様、後楽園ホールに来てくれる予定だった皆様、
ご迷惑を御掛けしましたキックボクシング関係者の皆様、そして何より
対戦者でありました、テツジム高橋晃選手に深くお詫び致します。

本当に申し訳有りません。

ここへきて、こんな怪我をしてしまう自分が不甲斐無く
情けない気持ちでいっぱいです。

今回の事については、もう少し気持ちが落ち着き
冷静になれてから、改めて書かせて貰おうと思います。

今日は取り急ぎ、お知らせとお詫びまで。
[PR]
by ex_snail_ramp | 2008-02-18 16:14 | タケムラ(キックボクシング) | Comments(10)
 

カテゴリ
タケムラ(音楽)
タケムラ(キックボクシング)
タケムラ(自転車)
タケムラ(食べ物)
タケムラ(その他)
トオル
イシマル
スタッフ
PROFILE
最新のコメント
また次の日うつうつした気..
by いいのでは at 23:48
やりたいことをして生き、..
by いいのでは at 23:37
スネイルのライブに行きた..
by ファン at 22:40
Twitterしてないの..
by さー at 02:00
思い出ビデオ リリース求..
by ゆうた at 00:34
2002年頃のJ-WAV..
by あんどー at 22:58
は!
by ガチ at 05:36
絶対に完全復活してくださ..
by yukkin at 22:59
めちゃめちゃ残念 ..
by アリババ at 22:45
かききれません…(T ^..
by さー at 13:08
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一
おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。