SNAIL RAMP OFFICIAL SITE Takemura PROFILE Toru PROFILE Ishimaru PROFILE 過去の日記 SNAIL RAMP

SNAIL RAMP
2年半ぶりの
オリジナルアルバム発売!
『SIX LOGIC』

SCHOOL BUS RECORDS "NEXT"
TKCA-73408
¥2,500(tax in)
2008/2/4

1.NEXT TIME
2.JELLY BEANS
3.Mr.SWALLOW
4.THIRTEEN
5.RUSH TO THE FLASH
6.WONDERFUL WORLD
7.THE RABBIT OF RED EYES
8.SHORT STORY
9.BE MY SWEETY
10.GET BACK
11.THE TWINKLE OF THE STARS
12.COUNT ON MY FINGERS

go store
<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
イシマル
こにゃにゃちわ!ドラムやってる石丸です!

six logic ツアーも終わってちょっとのんびりとしてみて、

充電してまたライブなんぞをやり始めております。



滋賀やら出雲やら徳島やら、皆々様ありがとうございました!

かなり楽しく、ワッショイして楽しかったです。


そんな中でスネイルにとってのホームって言えばいいのかな?
個人的にはかってに思い込んでますけど(笑)

下北沢にてライブしましたー!

ちなみに箱はシェルターでございます。

シェルターで初めてやった時はもう何年前になる事やら…(遠い目)


あの頃は血気盛んだったなぁ…とかそれこそ色んな思い出がある所…

そんな下北沢でスネイル企画のイベント「スクランブル」で集合致しました。


yellow gang

the sensations

dallax

snail ramp
d0149821_21413377.jpg




なんて言うメンツでライブスタートしまして…

楽しい時間はあっという間に過ぎて行っちゃうもので。

気がついたら自分の出番、

うわぁーセッティングしなくちゃぁー




ワラワラ焦りながら…しかし動きは落ち着いてるそぶりを…

見せられていたかどうかは神のみぞ知るですなぁ。



そんなこんなでライブスタート!


いきなり汗をかき、

Tシャツの色が見る見るうちに変わって行きまして

それはそれは大変な事になってました。


そして本編が終了しまして

ふと…気になる事が…



アンコールのコール?って言うのかな


「オイ!オイ!」

とか色んなパターンがあると思うんだけ、この日は何かが違う…



なぜか…





いっ!







しっ!





まる!!!!!






と言っているじゃありませんか!?


こんな事と言うか個人名を呼ばれる事に馴れていないドラム石丸は楽屋で



軽く挙動不審になり



微妙な挙動不振具合でステージに戻らさせてもらいました(笑)


一緒にやってくれた

イエローギャング

ザ センセーションズ

ダラックス


そしてきてくれた、みんなありがとう!


お陰でとっても楽しいお酒を飲ましてもらいました!

10月にまた企画ライブがあって

12月からはシェルターで二ヶ月に一度

第二土曜日にやっちゃったりするんで宜しくお願いしマース!



そんな感じで石丸でした

ちなみに僕のメールも受信0でした orz...

そして22日の打ち上げでも危うく一人で残る事にもなっちゃいそうでした…

次のライブは8月12日!これまたシェルター!美味しいビールを飲む為に気合いいれてやっちゃうので。
お暇な方遊びにきて下さいねー!
それではー
[PR]
by ex_snail_ramp | 2009-07-27 21:45 | イシマル | Comments(3)
タケムラ
俺は、
もういい歳をした大人だというのに、
一応会社の代表でもあるというのに、
使ってるメールはYahoo!メールだ。

勿論会社でのアドレスも持ち、名刺にも表記されているのだが、
もう15年程Yahoo!メールを使用し、慣れている事もあり
未だに基本はフリーメール。

「フリーメールをビジネスに使用するのはNGです」
「信用度が低くなります」

そういった記述も良く見るが、元々いい加減な性格なので
「ま、別にいっかー」でここまで来た。

そんな長い付き合いのYahoo!メール。

15年の付き合いの中でもYahoo!メールは、
改良に次ぐ改良が進められ、進化、様変わりしてきた。

そのひとつに、ログインした時に
「○○○さんの新着メールは○通です」と表示される機能がある。

今までは全く気にした事も無かったのだが、
今日ログインした時には、

「○○○さんの新着メールは0通です」

となっていた。

分かりにくくて申し訳無いが、「0通」となっているのは
「ゼロ通」、新着メールが無かったという事だ。

今まではそんな事が無かったのか、気付かなかったのかは分からないが
改めて「0通」とはっきり通告されると、ちょっとショックだ。

「え・・・、誰からもメール来てない・・・。」

普通のメールが来てないのは全然分かるが、
普段「いらねーよ」と思う位来る、
どこぞのメルマガも今日は来ていなかった。

何か、寂しい・・・。

小学生の頃、いっつも「ばーか、ばーか!」と悪口を言い合って
「あいつ、ムカツクんだよー」と言ってた女子が
不意に転校しちゃった感じ・・・。

もう一度、その表示を見てみる。

「○○○さんの新着メールは0通です」

な、何だか、この表示がすごく冷酷に見えてきた。

「来てないし。お前にメールは。」

        ↓

「ふふふ、あの人、メールも来ないんだって(給湯室のOL)」

        ↓

「友達とかいないっしょ、オマエ」

        ↓

「登録してるメルマガにも拒否られてるらしいぜ(入社2年目の後輩)」



ああああああああ。
俺の、俺の存在価値は?
俺は社会に必要の無い人間なのか?

この社会に拒絶されているようだ。
このままではどんどん寂しい気持ちになってくる。

そして俺は思いついた。

最後の手段だ。

あんなに、


「ふざんな!」

「登録した覚えなんかない!」

「どっから俺のメアドを入手しやがった!」

「熟女にも、割り切った関係にも興味はないんだよ!」

「『分かりました。お金を払えばいいんですね』ってどんなタイトルだよ!」


と激怒し、ことごとく受信拒否設定してたはずの
出会い系メールのアドレス。

このアドレス達の

受信拒否設定を、

全て解除するのだ・・・。


そして俺はパンドラの箱を開けた。
明日、俺のメールボックスは、かなりのメールで賑わっているはずだ。

これでまた「0通」だった日にゃあ、どーしたらいいよ?俺。
[PR]
by ex_snail_ramp | 2009-07-23 23:43 | タケムラ(その他) | Comments(9)
タケムラ
うちのジムの若手プロ選手、修平。
こいつがちょっとばかし天然なのは前回書いた。

んでこの修平と同い歳に、高島ってプロ選手もいる。
この2人が一緒になると、ますますヘンテコ。

ある時「サークリング」の話しになった。

「サークリング」はステップワークの種類で、
要は横方向にサイドステップし、円を描くように動くという物だ。

それがこの2人は出来ないという。

いや、試合やスパーリングで上手く出てこないというなら、分かる。
2人は「横方向にスムーズに動けない」と言うのだ。

その訴えを受けた俺は最初意味が分からず、
取り合えずお互いを向かい合って立たせ、
「じゃあこの位置関係でサークリングしてみ」と言った。

スッ、スッ、スッ、スッ、スッと普通はステップしていく。

しかし奴らときたら、

ぴょ~ん、ぴよ~ん、ぴよ~ん、ぴよ~んと何とも間が抜けている。

本来は身体が上下せずに横方向に進むはずが、
何故か縦方向にも身体が浮き上がりながら、サークリングしている。

「お前ら、何だよ、それ!」

俺は呆れ、「こうやるんだよ」と教え、やっても見せてた。
そして「じゃ、もう一回やってみ」の声で、再び回りだす2人。

ぴよ~ん、ぴよ~ん、ぴよ~ん、ぴよ~ん・・・。

やっぱりダメだ。

そうしていると会長が姿を現した。
そして一言。

「修平!高島!遊んでないでちゃんと練習しろ!!」

え、いや、会長、これでも一応練習中で・・・。

しかし、仕方あるまい。

2人がぴよ~ん、ぴよ~ん、ぴよ~んとサークリングする姿は、
何か、こう、「森の妖精が2匹、野原で遊んでいる」感じだ。

しかもお互いのフォームが可笑しいのは分かるようで
相手の姿を見て「フフフフ」と薄ら笑いを浮かべながらの
サークリング。

お前ら、気持ち悪いっつーの。

しかしこんな2人の戦績が、
修平3戦3勝(2KO)、高島2戦2勝(1KO)ってんだから
びっくりです・・・。

そしてコンスタントに試合出来そうな修平は
きっと近いうちに5回戦昇格、
上手い事行けば、ランキングにも入ってくるかも知れません。

でもそれまでにはサークリングを覚えてくれよ、修平。

多分、無理だな・・・。
[PR]
by ex_snail_ramp | 2009-07-13 14:21 | タケムラ(キックボクシング) | Comments(3)
タケムラ
久々にキックボクシングの話しを。

6月12日(金)に後楽園ホールで興行があり、
うちのジム「ケーアクティブ」からも
「石井修平」という選手が出場した。

この修平、なかなかの男前だし、練習にも頑張ってついてくる。
当初は不器用だったが、
練習量に比例してテクニックも徐々に身に付いてきた。

戦績もデビュー以来2連勝し、もし今回勝てば3戦3勝。
なかなかの成績だ。

しかし天然なトコもあり、
ジム内でも会長や俺を時々「?????」と困惑させる。

修平は毎練習時にテーピングを使うのだが、持っていなかったらしく
会長に「テーピング借りてもいいっすか?」と聞き、
ジムのを使わせてもらった時があった。

普通は使用分だけを切り取り、あとはそのまますぐ返すのだが
修平は使用後もテーピングをリングサイドに出しっ放し。
練習後、それを見つけた会長が、

「リングサイドにあったテーピング、これ修平が使ったやつか?」

と聞くと、「あ、そうです。借りたやつです」と即答、
回収したかと思うと、何故か自分のロッカーにしまっていた。

「それ、ジムのじゃ・・・」と会長と俺は同時に思ったが、
敢えて泳がしてみた。

一事が万事この調子の修平、
試合当日に会場入りしてからもなかなかアップせず、
セコンド陣はヤキモキ。

何とか試合には間に合い、いよいよゴング。

格上の選手だったが、勝算はバッチリ。
本人には言わなかったが80%勝てると思っていた。

その読み通り序盤から圧倒し、1Rで早くも2ダウン目を取り、圧勝ムード。

倒れた相手選手に対しカウントするレフェリー。
相手はまだ立ちそうだ。

「すぐ行くんだぞ!」

会長が大声で指示を出す。
相手は立ったがダメージは残っている。
レフェリーの「ファイト!」の声がかかったら、
すぐ仕留めに行かねばならない。

見ると、相手選手は立ったが出血しているらしく、
レフェリーがカウントは止めたが傷をちょっと見ている。

ニュートラルコーナーにいる修平に、
俺は「カウンターのパンチには気を付けろよ!」と叫んだ。

ダウンした相手に襲いかかろうとした時に、
カウンターでパンチを貰って逆転KOされるケースもままある。

しかし・・・、声をかけたニュートラルコーナーに修平はいなかった。

次の瞬間、ロープ沿いに相手選手目掛けて、一直線に走り込む修平が見えた。

「あれ?あいつ何を・・・?」

そして一瞬の沈黙の後、怒号、悲鳴、驚愕のどよめきが
後楽園ホールにドワーッと響いた。

修平は何を思ったのか、

相手選手に、

跳び膝蹴りを喰らわせていた・・・.

「マジかよぉ、あのバカー!!」
頭を抱え込むケーアクティブ・セコンド陣。

リングを見ると修平はレフェリーにすっげえ怒られてる。
当たり前だ。こんなにあからさまな反則、うちの団体では見た事無い。

でも怒られている修平は「え?え?え?何で?」みたいな顔している。

そして1R目終了。
審判団協議の結果、
相手選手ダメージ回復の為に30秒のインターバルを与え、
1ダウンは取り消しの上、修平に減点1。

当たり前だ。なんなら非常に軽い処分でさえあると思う。
俺が相手選手セコンド陣だったら、激怒し、猛烈に抗議していたはず。

そして2R目が開始。
修平が放った左ミドルキックが、偶然屈んだ相手のアゴにどんぴしゃヒット。
そのままKO勝ちした。

控え室に帰って来た修平に
「お前、何であそこで攻撃したんだよ?!」と詰問。

「いや、だって・・・、すぐ行け!って言われたんで、
 すぐ行きました・・・」

との弁。

修平、お前はルールを知らないのか・・・?

実は相手選手のノリ君、他ジム若手選手の中では結構喋る間柄なので、
余計に申し訳なく思い、試合後に相手セコンドの方と
ノリ本人に謝りに行きました。

「仕方無いですよー」と言ってもらえたから、まだ良かったものの、
興行後にうちの会長と
「あれほどの天然だとは思わなかった。修平には以後気をつけましょう」
と再確認。

そういや、修平と同い年の選手がいるんだが、
こいつらが2人揃うともっと変。

ま、この話しはまたそのうちにでもするか。んじゃ。
[PR]
by ex_snail_ramp | 2009-07-09 15:26 | タケムラ(キックボクシング) | Comments(4)
タケムラ
前回の続きね。

マネージャーかねちゃんの送別的食事会で出かけたシュラスコ店。

シュラスコは美味しく、店内ではボサノバの生演奏、
サンバショーと雰囲気も盛り上がる。

しかしサンバショーの、ある段階から状況は一変。
美しいはずのサンバガール達は巨大サイクロンと化した・・・。

次々とステージ上に連れ去られる生贄達。
踊った事も無いサンバをステージ上で無理やり踊らされる、
サラリーマンやOL達。

そしてその猛威はうちらのテーブルにも襲い掛かろうとしている。

こちらに踊りながら歩み寄って来る、
美しい羽根飾りを付けた、しかし獰猛なサイクロン。
確実にうちらのテーブルから生贄を連れ出そうとしている。

そして遂に巨大サイクロンは生贄の腕をむんず!と掴んだ。

可哀想な生贄は・・・・・、







何と!







俺だった・・・・・・orz




「俺かよー!」と、かなりデカい声で素で叫ぶ俺の腕を
ガッチリと掴み、連れ去ろうとするサンバガール。

ダンサーがワッサワサとした羽根飾りをまとっているせいも有り、
俺は巨大な怪鳥に連れ去られる赤ん坊の様な気持ちになった。

「マ、マジで勘弁して下さい」

思わず敬語で懇願してしまう程、弱気になった俺。
多分カツアゲされちゃう中学生ってこんな感じなんだろうな・・・。

答えるサンバガール。

「ダーメー!!コイ!」

しかもこのサンバガール、「コイ!」と言った時の目が鬼マジ。
一瞬にして、映画で観たブラジルマフィアを思い出した。

行かねば、あのシュラスコナイフで切り刻まれるに違いない・・・。

もうダメだ。俺は観念した。
サンバガールに、ほとんど引きづられるようにして
自分達のテーブルから引き離される俺。

それでも俺は「何とかならないか?」と必死に考えていた。

俺1人だけ、サラリーマンやOLさん達に混じって、
スクールバススタッフの前で、無様なサンバを晒すのは
どうしてもいただけない。

「溺れる者は藁をも掴む」という言葉があるが、
この時俺が掴んだのは・・・、


隣に座っていたスタッフあわわ、こと荒川の腕だった。


「荒川!お前も来いって!」

えええ?!と驚く荒川のリアクションは無視し、
サンバガール以上の力で荒川の腕を引っ張り、一緒にステージへ。

幅7m、奥行き3m程あるステージ上は、
憂鬱そうな顔したサラリーマン、OLさんで早くも一杯だった。

そこで踊らされるいい大人達。
時々、合いの手の声を出すようサンバガールから促されるが、
基本渋々やらされている大人達からは、
俺を含めイマイチ声が出てこない。

それに気付いたサンバガール。
踊りながら俺に寄ってきて、顔をグイッと寄せてきた。

そして俺の鼻先7~8cmの所で叫んだ。

「オマエ、モット! コエ、ダーセー!!」

叫ぶというか、完全に絶叫。
軍隊の鬼教官に怒鳴られている新兵状態の俺。

結局2~3回怒鳴られましたから。
しかも俺だけ。

そしてサラリーマンでごった返す満員電車状態のステージで、
俺の後ろにいた係長クラスとおぼしき人の靴を何回も踏みつつも
ひどいサンバを何とか踊りきり、自分らのテーブルに帰還。

もうグッタリと疲れきり、その送別シュラスコ会も終了。

いやあ、ライブの何倍も疲れました。

次のライブはサンバで登場してみるかな・・・。

するとしたら、このライブ。
って絶対サンバしねーよ!!


7月11日(土)名古屋ボトムライン

7月16日(木)滋賀Bb

7月17日(金)島根アポロ

7月19日(日)徳島ゆうゆうパーク・野外フェス

7月22日(水)下北沢シェルター・SNAIL RAMP presents 「SCRAMBLE! Vol.2」
[PR]
by ex_snail_ramp | 2009-07-06 19:04 | タケムラ(食べ物) | Comments(4)
タケムラ
先日、スクールバス関連数人で食事に行った。

マネージャーかねちゃんがスクールバスを退職してしまうので、
その送別会的な会だ。

「しんみりするのはちょっと・・・」という、かねちゃんの意向を受け
ワイワイ、ガヤガヤとした雰囲気のあるシュラスコのお店。

シュラスコはブラジル料理で、サーベルのような串に刺して焼いた
様々な肉をお店のスタッフが次から次へと持ってくる。

それをやたらめったら食べまくるという素敵なお店。

肉以外のサラダ、炭水化物、スープ、フルーツ、デザートも
ブッフェ形式で食べ放題。

どんどん運ばれてくる肉、肉、肉をひたすら食べる俺達。
最初はいいペースだった俺達も段々とゆっくりペースに。

そんな頃、店内ではショーが始まった。
まずはボサノバの生演奏が始まり、
にぎやかながらもいいムードに。

そしてお次は本場ブラジル人女性によるサンバショー。

リオのカーニバルなんかで踊っているアレだ。
派っ手派手な衣装に身を包んだサンバダンサー2人が
踊りながら店内を練り歩く。

60人程いたであろうお客さん達の手拍子もあり、
かなり盛り上がっている。

その内にサンバガール達は、客のサラリーマンやOLさんの腕を掴み
このテーブルから3人、あっちのテーブルから4人という風に
次々にステージに上げていった。

正直、サラリーマン達は困っていた。

「サンバとか踊れねーし!!」

不況と言われるこの世の中。
敵はそれだけではない。

恐るべきは不況ではなく、サンバガールだったのだ。

半分泣きそうな顔をしているOLもいた。

「かわいそうになー」と顔をよく見たら
単に元から泣きそうな顔をしている人だった。

ちなみにこのショーがある時は、食事代とは別に
ショーチャージが強制的に加算される。

「更にお金払った上に、無理やり踊らされるのか・・・」

楽しいはずのサンバも、俺には可哀想な光景にしか映らなくなった頃、
サンバガールが踊りながらうちらのテーブルに近づいてくるのが
目に入った。

何だかニヤニヤしながら寄って来る。

ま、まさか!

その時俺は、「世界丸見え○○」みたいな番組で
巨大サイクロンから必死に走って逃げる海外の人達の気持ちが、
初めて痛い程分かった。

俺も「ううううわぁぁぁぁ!と叫びながら
逃げ出したくなったね、ホント。

しかし近づく巨大サイクロン。
確実にうちらのテーブルから生贄を連れ出そうとしている。

そして遂に巨大サイクロンは生贄の腕をむんず!と掴んだ。

可哀想な生贄は・・・・・、




続く、次号。
[PR]
by ex_snail_ramp | 2009-07-03 20:24 | タケムラ(食べ物) | Comments(5)
 

カテゴリ
タケムラ(音楽)
タケムラ(キックボクシング)
タケムラ(自転車)
タケムラ(食べ物)
タケムラ(その他)
トオル
イシマル
スタッフ
PROFILE
最新のコメント
また次の日うつうつした気..
by いいのでは at 23:48
やりたいことをして生き、..
by いいのでは at 23:37
スネイルのライブに行きた..
by ファン at 22:40
Twitterしてないの..
by さー at 02:00
思い出ビデオ リリース求..
by ゆうた at 00:34
2002年頃のJ-WAV..
by あんどー at 22:58
は!
by ガチ at 05:36
絶対に完全復活してくださ..
by yukkin at 22:59
めちゃめちゃ残念 ..
by アリババ at 22:45
かききれません…(T ^..
by さー at 13:08
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一
おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。